スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センス

努力だけではどうしようもないものがある。
それは、持って生まれたセンス。

例えば、歌が上手い人がいる。
でも、上手いから感動するかといえば必ずしもそうでなく、聞く人を魅了するにはプラスαの何かがいる。
それが、センスなんだと思う。

音楽は上手い下手じゃない。
伝わるか、伝えられるかなのだと、ある人は言う。
でもそれって、上手くなるよりもっと難しい。
それこそ、センスの領域なんじゃないか…。

珍しく大雪となった今治から7時間もかけてやってきたsingerミキちゃんこと常本美紀さんと、下関の人気バンド「平安教☆」のライブを見ながら、つくづくそう思った。

でも、センスを最大限に引き出すのは、やっぱり努力なんだよね。
もしかしたら、努力した結果を見て、「あの人はセンスがある」って思うこともあるのかな。
だとしたら、努力するしかないねぇ。

思いついたら、即行動。
ライブから帰って夜遅く、珍しくギターを弾きながら歌の練習をしてみた。
そして、布団にもぐりこみながら思う。

努力も継続しないとね(^.^)

2014 ミキちゃん


スポンサーサイト

自慢させてください

ボケボケですけど…。
2012 トリッパーズ

私「この前さぁ、お母さんライブに出て、結構評判良かった
 って、言ったっけ?」
娘「うん、何回も聞いた」
私「あ、そう…。もっかい聞いて」

と言って、また、同じ話しを繰り返す私。

先日、ログハウスのレストラン、「トリッパーズ」ライブ
に初めて参加させていただいた。

ギターのYさんと私、2人だけのユニット。

以前、Yさんのライブを見て、Yさんのギターで歌えたら
いいなぁ…と思っていたけれど、顔を合わせたことも
なければ、話しをしたこともない。

それが、ひょんなキッカケでユニットを組ませていただ
くことになった。なんという僥倖。(^-^)

今まで、ライブは何回か経験しているけれど、2人だけ
というのは、これが初めて。

しかも、セットリストは
・Sweet Memories/松田聖子
・woman/薬師丸ひろこ
・オリビアを聴きながら/杏里
・友達の詩/中村中
歌う曲すべてバラードというのも、今回が初めて。

ギターだけのシンプルな演奏で、バラードを歌う。
音楽をわかっている人なら、「よくやるわぁ」と思う
んだろうなぁ。

でも、いいのだ。
私が、今までライブで歌いたい、歌いたい、歌いたい
と思ってきた曲が、やっと歌えるんだもんね。

そして当日、他のバンドが轟音でリサーサルする中、
私とYさんが、ぼそぼそと初めての音合わせをする。

曲の構成を確認した後、Yさんが言いました。
「アカペラのつもりで歌ってください。ギターのことは
 気にしないで」

ん、ん、ん…?演奏気にせずに歌っていいの???

そして本番。
ホントにギターをまったく気にすることなく、アカペラ
のような気分で歌うことができました。

緊張することもなく、自分の歌いたいように…。

心地よい時間が流れ、ラストの「友達の詩」を歌い
終えた後、お客さんの一人が言いました。

「すごいわ、こりゃすごいわ、こりゃあ~すごいわ」
(白いヒゲをたくわえた、サンタのようなオジサンでした)

そして、「アンコール、アンコール」って。
生まれて初めて、友達以外の人からアンコールをいただ
きました。

これが、繰り返し自慢せずにおられましょうか。

というわけで、あと数回、私は家族に自慢します。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

平安教☆

先週の日曜日、私がMCをさせてもらったGOLD-Club
のワンマンライブ「GOLD HOME PARTY」で、

ギターのひろっしゃんが、自分の愛娘の彼氏DAIKI君
と共演しました。



愛娘妹の彼氏と共演です・・
親父としてはヤリにくかったけど超楽しかった!

スーパー高校生DAIKIの音楽人生初!らいぶ!
彼には可能性を感じます

大人のアドバイスも自分なりに見事に表現してます。
何人もの人から平安教☆感動したと言われました・・

彼のおかげです・・
ありがとうDAIKI

成功して夢を必ずつかんで欲しいです・・



DAIKI君は、EXILEの大ファン。

EXILEのオーディションで山のような応募者の
中から2次審査まで残り、ヒロとアツシの前で
歌ったという実力派。

大人の言葉を素直に受け入れる柔軟な心の持ち主
で、そして何より、イケメン。

私、あと30年若かったら…とマジメに思いました。

DAIKI君は、高校を卒業したら、自分の夢に向かう
ために上京するそうです。

そんなDAIKI君を見るひろっしゃんの目は、とても
優しい。

自分が果たせなかった夢を、彼の中に見ているの
かな…。

180人の観客全員が感動したこの曲、是非、聴いて
ください。




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

GOLD-Club

Gクラ

京都の話がまだ終わってないんですけど…。

先週の週末は忙しかった。
土曜日の朝、2年ぶりに、歯医者に行った。

子どもの頃から歯医者が苦手。
キーンという音を聞くだけで、緊張が走る。

歯を削られている時、「息をしてくださいね~」と
言われるけれど、息ができない。

「あ、つま先がバレリーナになってる~」と言った
看護師さんがいたけれど、そんなことに構っては
いられない。

そんなこんなで緊張のひとときを過ごし、その後、
ヘロヘロになりながら、仕立て直しをお願いして
いた洋服をチエちゃんのところに取りに行った後、
夫に着せるユニクロのフリースを買いに行った。

そして、珍しく、お茶もしないで家に帰った。

日曜日は、バンド仲間「GOLD-Club」のワンマン
ライブ。
ロックブルース、アコースティック、ホーンアン
サンブル、そして、ビックバンドの3部構成。
約3時間の長丁場。

そのMCを仰せつかっていたのだけど、まだ原稿
ができていない。
早く帰って、原稿作らなければ…。

なのに、帰って夫にフリースを渡すと、「小さい」
と言う。
なんと、間違えて女性用を買っていた…。

サイズ交換するために家を出ようとすると、夫が
チエちゃんにスラックスの補正を頼みたいと言う。

行ったばかりのチエちゃんのところに行き、夫の
スラックスを渡し、それから、ユニクロに行って、
男性用のフリースと交換してもらい、どこにも寄
らずに帰った。

早く帰って、MCの原稿を作らなければ…。

帰って、夫にフリースを渡したところで思いだした。
ライブに着る予定で、補正をお願いしていた服を
おばちゃんのところに取りに行かなければ…。

おばちゃんのところから帰って、ようやくパソコン
に向かい、原稿を作り出したところで思いだした。

プリンターのインクが切れている…。

それからまた家を出て、ホームセンターに行き、
インクを買い、またパソコンの前に向かう。

そうこうしているうちに夜になり、18日のライブの
練習の時間に。

夜の22時から練習が始まり、おしゃべりの時間も
含めて帰ったのは0時をまわっていた。

それからMCの原稿を仕上げ、ライブに備えて寝よ
うと思ったけれど、目が冴えて眠れない。

ろくに眠れないまま、お昼から「GOLD-Club」の
ライブのリハに参加し、MCの打ち合わせをし、
17:00にライブがスタート。

いいライブだった。
玄人を越えた素人、「GOLD-Club」。
このライブに参加できて本当に良かった。

ライブの片付けが終わり、打ち上げが終わり、
家に帰ったのは23時頃。

あぁ、長くて、短い週末だった…。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

Gクラ です
歌ってるわけではありません…。

Gクラ 私②
足が太っ…。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

雨の中の冠山公園でライブ~♪

冠①

日曜日、朝7時。雨。

こんなに雨降ってたら中止だよなぁ…野外ライブ。
と思いながら、高速を2時間半走って辿り着いた
光市の冠山公園。

傘をさして歩いていくと、雨音に混じって、楽器の
音が聴こえてくる。

屋根付きステージの下では、やる気満々の出演者
たちが、すでに、わさわさと動いていた。
人気のない公園の、そこだけ熱気に溢れていた。

「バウさん、さ、顔合わせと音合わせしましょ」

そうだった。
今回、一緒に演奏していただくギターの池さんは
一度ご挨拶をさせていただいたことはあるけれど
音合わせするのは、この日が初めて。

もう一人のギター、ヒデさんと、ブルースハープ
のサンコーさんに至っては、この日が初対面。

「会ったこともない人と、ライブに出るんですか」と
あんぐり口を開けた友人の顔を思いだしながら
ステージ裏の狭い控室で、4人並んで初めての
音合わせ。

あら…。イズントシーラブリーは、ボサノバ調。
どうしよ~。ロック調で連練習しとったんやけど…。

キーが合わんなぁ。変更していいですか。
(池さん、慌ててコード書きなおし…)

涙そうそう、キーが低すぎ…。ま、いっか。

ホンキートンクは、ラストはコーラスだけ…。
大丈夫やろうか…。

この時点で既に、経験不足、実力不足を痛感した
けれど、それ以上に、今までにないワクワク感が、
何とも心地いい。

「スリリングなライブを楽しみましょ」と池さん。

そりゃあ、スリリングだよなぁ。
どんな歌を歌うのか、見たことも、聴いたこともない。
どの程度の実力かもわからない。
そんな私と、一緒にライブするんだもん。

そして、ほとんどお客さんのいない中での始まった
ライブは、とってもアットホームで、とっても
楽しくて、とっても緊張して、とっても幸せだった。

出来は、自己採点で50点。
けっして上手くないのは、自分でもよくわかってる。

池さん、ヒデさん、サンコーさん。
よく一緒にライブしてくれたなぁ。
どんな歌を歌うのか、見たことも、聴いたことも
ない、自己採点50点の私と。

もう、感謝、感謝、感謝です。

でも、サンコーさんがこんなこと言ってくれました。
「隣で演奏していて、歌に対する真剣な気持ちが
伝わってきました」

でもね。ちょっと違うんです。
歌に対する真剣な気持ちというより、演奏してくだ
さる池さん、ヒデさん、サンコーさんに対する感謝
の気持ちだったんです。

冠山ライブの出演者は、みんなレベルが高くて、
「場違いだったなぁ」と冷や汗をかきつつ、とても
大きな何かを得ることができました。

いいねぇ。
人生50年すぎての初体験。

冠②

人気ブログランキングへ
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。