スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロストークと、トクモッチ

クロストーク ステージ

市民討論会「三十万人のクロストーク」…終わっちまったなぁ。
あぁ…ほっと、ほっと、ほっとする~。

クロストークにたずさわって3年。
クロストークのきっかけとなった、全国から4000人の参加者を集めた「日本女性会議
しものせき大会」からすると、準備期間も含めて足かけ6年…よく頑張りましたぁ。

クロストークの実行委員は、個人参加の人たちばかり。
行政からの委託事業を引き受ける場合、大なり、小なり、何らかの団体がバックアップ
することが多いけれど、クロストークに関しては団体の関与はなし。
市内の各団体に、動員のご協力はお願いはするけれど、強制力はない。
だから、どれくらいの方が見にきてくれるのだろうかと、最初の頃は心細かった。。。

そこで、一人でも多くの方にクロストークの趣旨を伝えようと、市内の各学校を訪問して、
生徒の皆さんとミニクロストークしたり。

市民1万人にアンケートをして、山のように集まったデータを皆で手分けして集計したり。

どこかでイベントがあると聞けば、出向いてチラシを配り、どこかで集会があると聞けば、
出向いてPRさせていただいたり。

あちらこちらにクロストーク行脚をして、あちらこちらで多くの方にお世話になりました。

この間、何度も「やめたるワイ」「足抜けするワイ」と思いつながらも、やめられなかった
のは、刺激的な仲間と、クロストークに大きな魅力を感じていたから。

そのクロストークが…終わっちまったなぁ。
あぁ…ほっと、ほっと、ほっとする~。

ところで、「4回目やるぞ~」と息巻いているトクモッチ…。
あなたはホントに、クロストークのことが…好きなんだねぇ。。。


クロストーク リハ
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

次のステージへ

満員の会場から湧き上がる大きな拍手。
それに応えるように、満面の笑みを浮かべる市民パネリストの皆さん。
大役を果たし終えた充足感にひたる、高橋アナと森先生。
そして、協力いただいたすべての方への感謝で、目をうるませる私。

そんな光景を思い浮かべ、涙目になりながら、会場へ向かう途中でハタと気づいた。
ヤバイっ! 大事な資料を忘れた!!
会場まであと数分のところで、私はハンドルを大きく切り返し、一路自宅へ。
本番当日、集合時間に遅れたら、あの、ひと癖も、ふた癖もある仲間たちに何と言われることか。

10時、ギリギリセーフで会場入り。それからクロストークが終わる15時40分まで、一気に
時間が駆け抜けていった。

大入満員とはいかなかったけれど、ほぼ満員の会場から、あったかい拍手を送ってくださった
皆様、本当にありがとうございました。

小学校6年生の担任をされている増元さん、奇跡的な偶然からパネリストをお願いすることにな
りましたね。ロイヤルホストで初めてお会いした日、初対面なのに、お互い涙目になりながら、
深い~いお話をしたこと、忘れません。

「楽しかったよ~」と言ってくれた「鬼の家」しの武さん。
ときに厳しく、ときにあったかい しの武さん の意見は、クロストークになくてはならない
スパイスでした。またいつか、一緒に何かをつくっていけたら嬉しいです。

人生をかけて障害者支援に取り組まれている岸田さん。「障害を持つ人たちに“らしさ”を求め
ることはありません。ありのまま、そのままの自分でいいんだよ…私たちは、障害を持つ人たち
にいつもそう言っています」という言葉にハッとしました。

「実現するまで諦めないで」と語りかけていた桶本さん。穏やかな笑顔に、みんなの緊張もほぐ
れていきました。初めてお会いしたとき、「ブログ、楽しみにしています。クロストークが終わっても
続けてくださいね」と声をかけてくださって、ホントに嬉しかったです。
ブログ、続けていきますから、約束どおり、コメントくださいね。

そして、「らしさ」という難解なテーマに正面から向きあって、自分なりの言葉で、各々の思いを
語ってくださった22名の市民パネリストの皆さま、本当にありがとうございました。

多分、全国でも例のないスタイルの市民討論会「三十万人のクロストーク」。
3度目の正直で、ようやく私たちが描いていたクロストークに近づくことができました。
協力してくださったすべての方に、感謝しつつ…私たちは、次のステージへ向かいます。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

“らしさ”を求める人たちと“らしく”ありたいと願う人

クロストークのテーマが決まりました。


“らしさ”を求める人たちと、“らしく”ありたいと願う人 


男らしさ、女らしさ、自分らしさ…いろんな“らしさ”がありますが

「自分らしさを求めることが最善である」…なんて、ありがちな趣旨にもっていく気は
ありません。

自分が求める“らしさ”と社会規範との衝突。
”人に求める“らしさ”は、ともすれば、人を束縛する危うさを併せ持つ。

そんな多角的な角度から、“らしさ”を考えてみたいと思います。


“らしさ”を求める人たちと、“らしく”ありたいと願う人

「三十万人のクロストーク」で、あなたの意見を聞かせてください。


gaiyoimage4.gif



3月6日(土) 13:00~ 下関市民会館 中ホール 







テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

目指せ「踊るさんま御殿」

たくさんの人が参加できる、大きな市民討論会をしよう。
パネリストだけでなく、会場の参加者も意思表示ができる討論会にしよう。

そうだ、「踊るさんまの御殿」のような討論会にしよう!

進行役が「さんま」
パネリストが「ゲスト」
会場参加者が「スタジオ収録参加者」
ケーブルテレビで討論会の様子を見る人が「視聴者」

というわけで、クロストークのイメージが出来上がった。

パネリストとパネリストのクロストーク、パネリストと会場参加者のクロストーク。
いいじゃない、いいじゃない。

でも、三十万人にはとても足りない…。

そうだ、一般市民にアンケートをしよう。

http://www.p-maker.jp/cross-talk_ankate.html

そうやって、「三十万人のクロストーク」のイメージが出来上がった。

そして、イメージをカタチにするための、実行委員たちの挑戦が始まった。
 ヘッドラーイ、テールラァーイ、旅は~終わらない~

photoimage6.gif


テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。