スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の見た夢

2012 紅葉神社

母のお伴で、紅葉稲荷神社にお参りしてきました。

もう3年も前のことになりますか…。
母が肺炎のため、6日間、生死の境をさまよったこと
があります。

昏睡状態だった6日間、母はずっと、夢をみていたの
だそうです。

夢なんて、いつもならすぐに忘れてしまうのに、この
6日間に見た夢は、その色までも、未だに鮮明に覚え
ているそうです。

その夢の中に出てきたのが、この神社。
母が、30年前からお参りしている神社です。

母は、夢の中で、この神社の長く続く石段を登り、
そして、ようやく境内にたどり着いたかと思うと、
目の前の社の扉がバ~~ンと開いて、目もくらむ
ような金色の光の中から、それはそれは美しい衣
をまとった女神さまがあらわれたのだそうです。

母は、その夢を、何度も何度も見たのだそうです。

そして、母がその夢を見ていた頃、私は家の仏壇に
手を合わせていました。

私の母は、父の顔を知りません。
母がまだお腹の中にいる頃、母の父は亡くなりました。

だから私は、仏壇に手を合わせながらお願いしました。

「じいちゃん、もし、お母さんがあの世に行く時は、
 じいちゃんが連れにきてあげてね。
 でも、お母さんは、じいちゃんの顔を知らんから、
 婆ちゃんも、一緒についてきてあげてね。
 爺ちゃんと婆ちゃんが、一緒に迎えにきてくれたら
 お母さん、喜ぶと思うよ」

ぼろぼろと泣きながらお願いをしていると、突然、
私のまわりが、ふっと、あたたかくなりました。

あたたかな、まあるい、まあるいオーラのようなもの
が私を包み、今まで感じたことのない安堵感に、私の
目から涙がすっと引いていきました。

爺ちゃんと婆ちゃんが、「わかったから、心配しなくて
いいよ」と言ってくれたのな。

それとも、「まだ迎えに行かないから、心配しなくて
いいよ」と言ってくれたのかな。

そう思いながら、また、病院に向かいました。

一時は「もうダメです」と言われた母ですが、その後
回復に向かい、3週間後に退院することができました。

神様が見守って下さったんやろか。
両親が、見守ってくれたんやろか。

そんな話しをしながら、もうじき80歳になる母は、
よろよろと、この石段を上ってお参りに行くのです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

キスケ

2012 咲 キスケ

孫の咲(サクタロウ)。

日に日に、人間らしくなっています。
日に日に、表情が豊かになります。

誰に似ているんだろう。

目もとはお父さん。
口もとはお母さん。

でも、誰かに似てるんだよなぁ。
誰に似ているんだろう。

と思っていたら…。

おじゃる丸に登場するキスケ(黄色鬼)でしたっ。

お父さんでもない。
お母さんでもない。

人間でもない…( ̄. ̄)

だけど咲~。可愛いぜよ~っ!

2012 キスケ
画像、お借りしました☆


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

咲ちゃん

2012 咲ちゃんです

今朝、8時53分に孫の咲ちゃんが生まれました。

予定日の前日の昨日の夜、娘と、娘のダンナのトキ
ボンと私たちの4人で居酒屋に行き、
「夜中の3時くらいに陣痛がきて、10時くらいまでに
生まれたらいいねぇ」
なんて話していたら…。

朝方の5時50分頃、寝ていた私たちのもとに娘が
やってきて言いました。
「お腹が痛いような気がする…。でも、下痢なのか、
陣痛なのか、よくわからん」

病院に連絡すると、「とりあえず来てください」
というわけで、顔も洗わず、そのへんにあるものを
ひっかけて、娘と2人病院へ。

下痢じゃなくて、陣痛でした。

出産までにはまだまだ時間がかかるだろうという
ことで、病室で横になって待つことに。
すると、少しずつ痛みが増してきたようで

「お母さん、腰が痛いからもんで」
「おさまったから、腰に手をおいて」
「もんで」
「手をおいて」
「もんで」
「手をおいて」
「もんで」
「手をおいて」

この間隔がだんだん短くなって、8時頃には分娩室
に移動することに。

8時すぎにやってきたトキボンは、ビデオを片手に
ソワソワ。私も、ちょっとばかりソワソワ。

分娩室の前のドアに耳をはりつけると、娘がウンウン
とうなる声が聞こえます。

周囲がバタバタしはじめて、先生が小走りでやって
きて、そして、ウンウンという娘の声が小さくなって
きたところに、看護婦さんがトキボンを呼びにきま
した。「ご主人ですよね。どうぞ」

トキボンは、「ユウコ、ユウコ」と呼びながら、
いそいそと分娩室に入っていき、しばらくすると、
中から大きな泣き声が…。

おぎゃあ~おぎゃあ~!
おぎゃあ~おぎゃあ~!
そして、「咲ちゃん、咲ちゃん」と呼ぶトキボンの声。

無事、生まれたんだね。

じわ~んと涙が出きて、しばし、じわ~んと流れるまま
にしていました。

しばらくすると、トキボンが出てきて、生まれたて
ホヤホヤ、撮りたてホヤホヤの咲ちゃんの映像を見せて
くれました。

噂には聞いていたが、頭がでかい。
娘が嬉しそうに、というより、誇らしげな…今まで
見せたことのない表情で、咲ちゃんに頬ずりしている。

咲ちゃんは、眉間にシワを寄せ、両手を握りしめて
おぎゃあ~おぎゃあ~と泣いている。

ユウコ、母親になったんだねぇ。
映像を見ながら、またじわ~んと涙が流れます。

しばらくすると、看護婦さんが、本物の咲ちゃんを
連れてきてくれました。
「抱っこしていいですよ。お父さんから順番に…」

あ、そうね。お父さんが一番ね。
じゃあ、私は二番!
おそるおそる抱っこしていたトキボンから咲ちゃんを
受け取り、初めてこの手に抱く孫。

咲ちゃんは、しきりと口をもごもご動かしている。
何かが口にあたると、本能的に吸いたがるらしい。
だから、誰も教えないのに、おっぱいもすぐに飲め
るんだね。

咲ちゃんの人生が、今日、始まりました。


※咲ちゃんは咲太郎。男の子です☆

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

パン君

2012 阿蘇 パン君

志村どうぶつ園のスター、パン君とジェームズの
看板の前で、ニッコリ笑顔でポーズをとる父と母。

その写真を撮る娘の隣で、ふてくされていたのは
私です。

まだ、お正月の話。。。

渋滞で疲れた体を温泉で癒した翌日、阿蘇は50年
ぶりという父母のために、阿蘇山頂に行くことに。

山頂が近付くにつれ、雪が散らつき、霧が出て、
ところどころ霧氷になっている。

どうやら外は氷点下らしい…。寒っ!

父と母が「50年ぶりに行ってみたい」と言ったから、
わざわざ山頂に行ったのに、あまりに寒さに、誰も
車から出ていかない。

何事もなく、山頂から草千里に移動。

気候のいい時期なら、草原のあちらこちらで牛が
草を食む姿が見られるけれど、この寒さに牛の姿
もちらほら。

「何もないとこやねぇ」と両親。
そこで、ちょっとイラっとする私。

山頂から、阿蘇の町が一望できる大観望へ移動
する途中。母が志村どうぶつ園の大スター、パン
君の看板を見つけました。

「パン君が見たい」

意外な反応です。
そこで、年老いた母のためにと、進路を変更し、
大観望はやめて、パン君のいるカドリードミニ
オンに行くことに。

パン君劇場の開園まで時間があったので、園に
併設された食堂で、娘の大好物「だご汁」の
お昼ご飯。

大きな丼に、たっぷりの野菜とたっぷりの団子。
満腹になったところで、さぁ、パン君劇場へ…と
思ったら、「もう帰ろう」と母。

はぁ…?!
パン君、見んの…?!
パン君が見たいって言ったから、わざわざ予定
変更してココに来たんよ。

といっても、年とった耳には聞こえない様子。

「パン君、滅多に見れんのよ」
「うん、いい、いい」
「いやいや、いいじゃなくて、せっかくここまで
来たんやから、パン君見ようや」

と、懸命にパン君、パン君と言い続ける私に、
娘も息子も夫も、「いいって言うんやけ、もう
いいやん」と、さっさと私を置いて歩いて行く。

ちょっと。
それじゃあ、まるで私がパン君見たくてダダを
こねているみたいじゃないの。

「婆ちゃん、ここにパン君がおるよ。一緒に
写真撮ってあげる」という娘。

「あぁ、ホント、パンくんやねぇ」と笑顔で写真に
納まる両親を横目に、私は一人、ふてくされて
いたのでありました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

阿蘇 だご汁

阿蘇 牛

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Happy Birthday~♪

2012 裕子の誕生ケーキ

年末で産休に入った娘が、お正月に帰ってきて、
9日まで、我が家でのんびりしてました。

娘がいる間は、ほとんどパソコンを開くことも
なく…。というわけで、久々の更新です。

娘の誕生日は1月11日。
でも10日には東京に戻るので、今日、ひと足
早い誕生会をしました。

子どもたちが家にいる頃は、家族の誕生日には
必ずケーキを用意して、みんなで
「Happy Birthdayto you~♪」を歌った後に、
ろうそくを消す…というのが、ささやかな楽しみ
でした。

誕生日会というのは、何となく気恥しく、そして
とっても嬉しいものですが、寂しくてたまらない
誕生会もありました。

それは、息子が進学のために家を出た年の、
私の誕生日。

3月まで家にいた息子が、進学のため家を出て、
我が家が大人4人だけになった年の、4月の
私の誕生日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘が進学のため東京に出てゆき、それまで6人
で歌っていた「Happy Birthday」を、5人で歌う
ことにもようやく慣れてきた頃…。

息子が進学のため家を出ていった。

子どもが2人ともいなくなった寂しさに、自分の
誕生日なんて、すっかり忘れていた私のために、
両親がケーキを買ってきてくれた。

そして、いつも小声でぼそぼそと歌っていた両親
と夫が、少しはにかみながら、大きな声で、私の
ために「Happy Birthday~♪」を歌ってくれた。

それが有難くて、でも、子どもがいない寂しさを
いっそう痛感して…。

私は、両親と夫が「Happy Birthday~♪」を歌う
間、ずっとひっくひっくと泣いていた。

以来、大人4人で「Happy Birthday~♪」を歌う
のはどうにも間が悪く、何となくやめてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、今日は久々に、大きな声で歌いました。
大きな声で朗々と歌う「Happy Birthday」。

あぁ~気持ちよかったぁ~。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。