スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュワ~ジュワジュワ~

若いときは、少々食べすぎても、すぐお腹がすく。

豚肉と豆腐のスープを食べすぎた翌朝、オモニが私たちに聞いた。
「朝ご飯は、ご飯がいい? トーストがいい? 」
前夜、テンコ盛の紫ご飯をいっぱい食べた私は、即座に答えた。「トースト!」

しばらくすると、台所からジュージューという油のはねるような音が聞こえてきた。
目玉焼きかしら…。覗いてみると、フライパンの中で、卵が油に浮かんでいる。
目玉焼きというより、目玉揚げ?

目玉が揚がってからも、ジュージューという音は続く。
また、覗いてみると、さきほど卵が入っていたフライパンの中で、今度は食パンが
油に浮かんでいた。
フレンチトーストでないことは確かだけど、あれは揚げパン?

オモニが運んできてくれたのは、油のたっぷりしみ込んだ食パン2枚に、
油をたっぷり吸い込んだ目玉焼きをサンドしたもの。

両手でパンを持つと、指の間に油がジュワーっと浮き出る。
思いきってかぶりつくと、口いっぱいに、油がジュワジュワーっと流れ込む。
パンを食べるというより、油をすすっているという感じ。

しかし、私たちは、ひるむことなく食べた。
ジュワ~ジュワジュワ~。むしゃむしゃ。ジュワ~ジュワジュワ~。
ひたすら、食べ続けた。

日韓親善とか、そんなことは、まったく頭になかった。
オモニが、私たちのために、一生懸命に作ってくれたトーストだったから。
ジュワ~ジュワジュワ~。がつがつ。ジュワ~ジュワジュワ~。

食べ終わった後、私たちは油でギトギトになった口をぬぐいながら、
心からお礼を言ったのだ。「オモニ、マシッタ、マシッタ。」


その日、民泊を終えて集合した私たちは、互いの体験報告で、ハチの巣を
突いたような状態った。
ドナドナの牛のようにひかれていった砲丸投げの後輩は、会うなり、がっしりした
体をまる~くして、「先輩~つらかったぁ~」と泣きだした。
悪いけど、思わず、グッフッフと笑ってしまった。




スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。