スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ~ってなんだっけ、なんだっけ

東京タワー。
東京タワー

東京でタクシーに乗った時のこと。
運転手さんが言いました。

ウチのかみさんの母親が、福島原発の避難範囲ギリギリの
ところにいるんですよ。一人で。

そりゃ、大変ですね。避難されるんですか?

それがねぇ。家族も行政の方も、避難した方がいいって
言うんですけど、「あたしゃ、ここを離れる気はない」
って言い張るんですよ。
小さい畑ですけど、自分で野菜やら何やら作ってまして、
それが唯一の楽しみというか、生き甲斐みたいなもんで
すからねぇ。
畑のないところには、行きたくないんでしょう。

なんとなく、わかる気もしますよねぇ。

もう80を超えてますからね。そろそろ畑仕事もやめて
もらいたいんですけどね。私らとしては。

80歳で、まだ現役なんですか。すごいなぁ。
でも、畑仕事が元気のモトなのかもしれませんね。

そうなんですよ。だから、避難したはいいが、元気が
なくなって、かえって体調を悪くした…なんてことに
なってもねぇ。
それに、80でしょ。先のことを考えるより、今、好き
にさせてあげた方が、幸せかなぁとも思いますしね。

そうですねぇ。
80すぎて、慣れない土地で、大好きな畑もない土地で
過ごすのは、身体の健康は守れても、心の健康は守れ
ないかもしれませんね。

でもね、行政はやっぱり、避難してもらわないと困る
みたいで。ガンコで困った婆さんだと、もてあまして
いるようですよ。

行政の方には、責任ってものがありますもんねぇ。
個人的には、このまま畑仕事を…と思っても、行政の
立場としては、避難を…ってことになるでしょうし。

・・・・・・・・・

そして、運転手さんと私は、「う~~む」と黙りこんで
しまったのでした。



DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

No title

これは難しい問題ですね。
あたしの叔母は津波で被災して親戚の家にお世話になっています。
もうじきそこをでなくてはならなくあたしの母や伯母のほうへ出てくるよう説得してますが、やはり田舎がいいようで・・・。

遅くなりましたが、娘さんおめでとうございます♪

No title

バウさん、ちーっす。

ギャース!!
こんなところで写真撮ったらあかーーーん!
オイラなら怖くて固まるね・・・
ってか、写真見るだけでも心拍数あがるもん!

ギャース!!
写真と内容が・・・写真と内容がぁぁぁぁぁ!!

そして、内容のお話。
自分が家族ならどうだろう?
自分が当事者ならどうだろう?
・・・って考えると正解はないですね。
全くの他人としては非難してもらいたいけど。

No title

こんにちは

僕もそのお婆さんと同じかな

自分の母親を、最後まで面倒見てきて人生ってなんだろう
健康で長生きすることの意味はどこにあるんだろう
なんて思うようになりました。

やりたい事があって、楽しみがあってこその健康
若い時は健康第一だけど、歳をとると反対になる事が必用

昨今の介護問題にも関係ありそうです。
運転手さんも、今は働いてる母親の心配で済むけど
気力をなくした母親を、家族が面倒みるって事になったら
安心して働く事ができません。
僕だったら、行政にかみつきそうです・・・あはは

またまた、余計なことばかりでスミマセン!

披露宴の話、楽しく読ませてもらいました。
面白いですね、バウワウさん
お嬢さんも、きっと楽しい家庭を築かれるんだろうなと思います。



No title

まさに我が家でも同じことを毎日話していますねぇ。
「50歳以上は好きにしていい」ってことに
してもらえたらいいのになあ、というのが我が家の意見。
ばあちゃんから畑とりあげるなんて、そっちのほうがむごいですもんね。

本橋成一さんという監督が数年前につくった
「ナージャの村」「アレクセイと泉」という映画があるのですが
チェルノブイリ事故後のベラルーシで
人が住んではならない被曝した村で畑をやり、
森のキノコをとって暮している人たちの話です。
実話ですが、いいとか悪いとかではなく、生きるってなんだろう、と
しみじみ考えさせられるよい作品でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
そもそも非難区域そのものがうそですから
地元の方が仰ることも真摯に聞かないといけないですよね。
まだ隠してます。子供達は黙って非難させないといけませんが。
国民みんなで怒らないといけない。

No title

こんばんは。
本当に、難しい問題ですね。
何が正解かではなくそれぞれの生き方の問題ですよね。
でも、原発さえ無かったらしなくてもいい選択ですよね。
震災に遭われた方の支援をするって、選択の範囲を
制限せず(このおばあさんのように住み続けることも選択の
一つとして)その上で選択された生き方を支援して行くってことも
必要なのかもしれないなと思いました。

きぼう丸さんへ

叔母様も、ご親戚の方も、きぼう丸さんも
大変ですね。

住み慣れた土地で暮らせるって、当たり前
のように思っていましたが、あらめたて、
あり難いことなんだなぁ…と思います。

叔母様が、一日も早く安心して生活する
ことができますように。

三十路さんへ

高いところ苦手仲間のバウです。
写真見るだけで、足元がムズムズします。

第三者的に見るのと、
当事者として考えるのとでは、
答えが違ってくるもんね。

第三者的な視点が必要な時もあるし、
当事者の希望を最優先すべき時もあるだろうし。

正解のないからこそ、皆で話し合うことが大事
なんだろうなぁ。

メタボ夫婦んへ

病気になると、健康があり難いって思うけれど、
健康を守るために、自分の大切なものをなくさなければ
ならないって、それもツライですよね。

年をとったら、楽しみ優先でいいのかも…。
年をとったら、自分の考え優先でいいのかも…と思う
一方、自分の親が、危険かもしれない場所に居続ける
のは、それはそれで心配。

どうしたらいいんじゃ~~いっ!って思います。

ハルさんへ

50歳以上は好きにしていい。
じゃあ、私は「好きにしていいお年頃」ですね。

「ナージャの村」「アレクセイと泉」
探して観てみたいと思います。

いいとか、悪いではなく、どう生きるのか。

身近でありながら、ついやり過ごしてしまう
テーマだなぁと思いました。

あかちん

言えること、言えないこと、いろいろあるとは
思いますが、命に係わることは、悪い情報ほど、
早く、正しく発信してほしいですよね。

No title

こんばんは~
バウさん、可笑しすぎ!!
前記事まとめ読みしたけど、いいねぇ~
臨場感あって、愛があって泣けて笑って。
バウさんらしい娘さんの結婚式で、ジーンとしました。
娘さん可愛いね!
ドレスもなんか斬新で素敵!
いまどきってこんなドレスあるんだね‘~
私も着たいわ~~~。
いい結婚式でよかったですね。いい記事も残って
いい思い出だね。私の娘のときも(いつだ?あるのか??)
こんな風に残せたらなぁ~~

おばあさんから畑仕事とったらあかん!
生きがいは大切!何とかならないかな~。
私も足直して合気道しないと、老け込むよ!絶対!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

55スマイルさんへ

自分の人生なのに、自分の生き方について
選択の余地がない…。

それは原発だけの問題ではなくて、高齢化
社会のありかたにも通じるものがあるのかなぁ…
なんて、いろいろ考えさせらますね。

正解がないだけに、難しいですね。

鍵コメさんへ

鍵コメさん、私は全然平気ですよンv-290

私はね、きっと何とかなると思ってるんです。
そして、今回のことを機に、いろんなことが
改善されて、きっと、もっと安全性が高まるはずだと
信じてるんです。

大丈夫ですよ、絶対v-411

絶対、大丈夫ですっv-411

No title

難しいですよね
でも正直、80過ぎていたら
そのまま居させてあげたほうが
精神衛生上いいと思いますが
行政、それも実際にそこで働いている人にとっては
動いてもらいたいんでしょうね
僕個人としては
そのまま、居させてあげたいなあ (*^▽^*)

aacoさんへ

aacoさんは自然治癒力が高そうだから、
きっと、ケガもすぐ治るよ。

今から何十年か後、娘の子どもが結婚する
時がきたら、このブログ見せてあげたいなぁ。

その時まで、老け込まないで、頑張らねば…。

その頃には、日本も復興していて、皆が自分の
暮らしたい場所で、安心して暮らせるように
なっているに違いない。v-291

加夢さんへ

私も、婆ちゃんには、そのまま畑仕事を続けさせて
あげたいなぁ。

でも、自分の親だったら、どうなんだろう。
やっぱり、すぐに避難しようって言うのかなぁ。

それとも、畑仕事ができなくなったら避難しよう
って言うかなぁ。(^-^)

\(◎o◎)/!

きっとこう言う方多いと
思うんですよね。
ほんと心が元気なら
何でも出来ますもんね~
私も黙り込んじゃう・・・

ne-ne-さんへ

放射能が大量に飛散していたら、そりゃあ
無理やりにでも避難してもらうけど、
飛んでるのかなぁ、どうなのかなぁ…くらいだったら、
好きにさせてあげたい気もしますよね。

それより、廃棄ガレキの近くに住んでいる人達の
健康が気になります…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。