スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全校生徒5人の小学校

木間小

高校時代からの友人のトッシンと、ドライブに行くことに。

「どこ行く?」
「萩の方に、全校生徒5人の小学校があるらしいから、そこ」

というワケで、女2人。
下関から長門の海岸沿いをひたすら走り、途中、道がわから
なくなって、何度か行ったり来たりを繰り返し、ようやく辿り着い
たのが、ココ。

全校生徒5人のK小学校。

子供らはどうやって学校に通っているのだろう…と思うほどの
山の中。周囲には民家など見当たらない。

車1台がギリギリ通れるような細い坂道をズンズン上がって
いくと、運動場の裏口に行きついた。

夏休みで、ひとっ子一人いない運動場に、そぉ~~っと入る。
平屋の木造校舎が小学校、二階建ての校舎は中学校らしい。

「まるで、映画に出てくるような校舎やね」
「うん、『24の瞳』みたい…」

「全校生徒5人って、どうやって勉強するんやろ」
「先生は3年と5年を重複して受け持ったりするらしいよ」

「1対1じゃあ、教えるいうより、一緒に遊ぶって感じ?」
「マンツーマンやから、家庭教師みたいでいいかも」

小雨のせいか、蝉の声さえ聞こえない、静かな静かな運動場に
私たちの声だけが、かすかに響く。

さ、帰ろうか…。

と車に乗ったのはいいけれど、車を転回する場所がない。
( ̄. ̄;

運動場に入って方向転換を…と思ったけれど、入口があまり
に狭い。私の腕では、間違いなく、入口そばに置いてある石
に車体をギギギ~っとこすりつけてしまう。

バックするしかないね…。
と、言うは易し、行うは難し。

私はバックが苦手だ。
しかも、道は車1台がギリギリ通るほどの狭さだし、
坂にはガードレールなんてついていないから、ハンドル切り
損ねると、坂の下にズリ落ちてしまう。

少しずつ、バックする。( ̄- ̄)

車体を傷つけた方が良かったのか…という思いが頭をよぎり
ながら、キコ、キコと、少しずつバックする。

しばらくして、ようやく、平たい地面に到着。
めでたしっ!

家に帰ると夫が聞いた。
「トッシンと、萩のどこに行ったんか」
「全校生徒5人の小学校」
「ほかは…?」
「そこだけ」
「萩まで行って、そこだけ…?」

私とトッシンのドライブは、ココだけで十分なのです。

人気ブログランキングへ
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。


木間小 小学校校舎
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

No title

こんばんは☆^^

とっても詩的で、なんて贅沢なドライブだろう!って思いました☆

いいお友達ですね♪

自分のことで恐縮ですけど、三代目も先日、幼なじみと二人で夜中のドライブにでかけたんです。

3時間ものあいだ、カーラジオも音楽もかけず、ただ二人でバカ話をしてあっという間に時がたってしまいました^^;;;

目的地がこの素敵な学校だったら良かったのになぁ☆^^

三代目さんへ

夜のドライブも、いいですね♪

私たちも、往復6時間くらい、ほとんど音楽も
聞かず、ただただおしゃべりしてました。
夜のドライブだったら、さらに話しがはずんだかも。

山の中の学校は、雰囲気があって素敵でしたよ。
三代目さんの言われるとおり、詩の世界を感じました。

もっとも、ここに通う子供や先生は、さぞかし大変
なんでしょうけど。v-290

\(◎o◎)/!

本土にもあるんですね~
こっちは北部行けば複式学級ばかりの学校です。
先生方でもこっちの学校希望する方も
いるんですよ~
前の担任の先生がそうでした。
意外と子供たちできる子多く、
仲良くていい感じ・・・
先生1人占めできて最高ですよね。
\(◎o◎)/!
なんかとってもいいドライブで、
バックが苦手なバウワウさん(笑)

ne-neさんへ

そっかぁ。
石垣では、複式学級はそれほど珍しく
ないんですね。

山口県はけっして都会ではありませんが、
それでも、全校生徒5名というのは珍しい
んじゃないと思います。

今は、先生方も受難の時代だから、
子供とじっくり向き合える複式学級は、
かえって新鮮なのかもしれないですね。

バックさえなければ、ドライブ大好きです~。

No title

なんだか可愛らしい小学校ですね!
5人てますます可愛らしい。
ここへ行こうというお二人も可愛らしい!

仲良しトッシンさんと2人ならどこでも楽しいんじゃない?
気の合ういいお友達とすぐ思い立ったら行動できて羨ましいなぁ~
で、バウワウさんらしい~な~。

車ご無事でなにより。
慣れない狭い場所でバックって、結構大変ですよね。

こんな思いでも、後になると結構楽しかったりしてね。

八重子のハミング

バウワウさん、こんにちは。
ひょっとすると「八重子のハミング」の著者・陽信孝(みなみ・のぶたか)さんが奥様の八重子さんと出会った、K小中学校のような…。数年前に一度行ったきりなので…うる覚えですが。

ボクが行ったときは10人の生徒さんだったけど、もう5人になってしまったのですね。

aacoさんへ

トッシンとは高校時代の陸上部仲間で、超がつく
親友なんですよ。

たま~に、アッチ行きたい、コッチ行きたいという
ので、私がアッシー君(なんて、もう古い?)をして
います。

バックはどうもね…( ̄. ̄)
ここの坂はとっても狭くて、ハンドルきり損ねると
本当に落ちそうだったので、まぁ、怖かったこと。

でも、それも含めて、この山の学校の雰囲気は
なんともいえず、良かったです。

佐々部監督へ

え~~っ!
この小学校だったんですかv-405

私の知人の子供が小学校時代にお世話になった
先生が、ここにおられるんですよ。
今は、全校生徒5人なので、先生は3年と5年を
担当されているそうです。

「八重子のハミング」を映画化される時は、ここで
撮影が行われるのでしょうか…v-291

No title

とっても素敵な佇まいですね。
私の住む地域にも、こんな学校があるんですよ。
でも入り口はもうちょっと広いが^^

過疎化が進んで、こういう学校もやがては廃校になってしまうことが多いですね。
こちらでは、そんな廃校を舞台に映画のロケをすることになっていますが、それが終れば解体。
昔の学校って本当に詩的な空間なので、実にもったいない。
かといって建物を維持するのも大変なんですね。

かつてここにいた大勢の子どもたちの声が聞こえるよう。。。

ハルさんへ

学校に限らず、古い建物を維持していくのは、
そこにおられる方々にとっては、とても大変
なことですよね。

私は、第三者だから、簡単にモッタイナイと
言えるけれど。

でも、昔の木造の校舎って、本当に雰囲気が
ありますよね。
しかも、現在もまだ使われているから、子供
たちの息吹が校舎をまとって、ますます素朴な
いい雰囲気になっている。

このような校舎、このような風景。
やっぱり、いつまでも、残し続けてほしいです。

No title

古い校舎ですね。
廃校にならないことを祈ります。

ハートさんへ

私も、廃校にならないことを祈ってます。

これ以上、生徒数が減りませんように…。

No title

岩手県にはこういう学校が山間部に多く、最近は廃校になる事が多いです。
でも最近はこのK小学校のような木造の学校を保存し別な使い方で再利用というのもありました。

木造校舎ってなんか「夏の思い出」って感じで趣があって素敵ですね。

ツル子さん へ

「夏の思い出」、ぴったりですね。
蝉の声がして、広い運動場をかけまわって、
水道の蛇口から水を飲んで…。

ちょっぴり、切ない気持ちになりますね。

木造校舎、全部でなくていいから、少しで
いいから残してほしいなぁ。
Secret

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。