スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔ながらの喫茶店

摩耶

ウチの近くにあった、昔ながらの喫茶店「摩耶」。

カウンターには、高級そうなコーヒーカップがずらりと
並び、コーヒーやケーキセットを銀のトレーにのせて
運んでくれる。

私は、ここのコーヒーが一番好きでした。
柔らかくて、まろやかで、苦みがなくて…。

子供が小さい頃は、よく家族で、ここの炒飯や昔ながら
のイタスパやグラタンやワッフルを食べに行きました。
子供がいても、気がねなく過ごすことができたので。

そして、何よりの楽しみは、白玉ぜんざい。

1つだけ頼んで、4人で白玉を奪い合うように食べる
のが、本当に楽しかったなぁ。

子供たちは、園児から小学生になり、中学生になり、
やがて、白玉を奪い合うこともなくなったけれど、
それでも、たまに帰省した子供たちを連れていくと、
綺麗な白髪の上品なマスターが、いつも「お子さん、
大きくなられましたね」と、目を細めてくれていた。

そして先日。
「昔ながらのイタスパ」が食べたくなって行ってみると、
お店の雰囲気がなんだか違う。

この雰囲気はなに…?と思っていたら、マスターが
「お店を閉めることにしたんですよ」

びっくりして、口があんぐり開いたままの私に
「私も80歳になりますからね。体力の限界です」。

そして、いつものように、静かに微笑みながら、
「最後のご注文は?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時は流れていくのですね。
流れ、流れて止めようがない。

そんな当たり前のことを、切なく感じる秋の初め
でありました。

人気ブログランキングへ
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

えぇいつ閉まるのまた行きたかったなぁ

やろっ

残念ながら、もう閉まってしまった…。

最後にみんなで行きたかったなぁ…。

No title

自分にとってのこんなお店あるある!
いつのまにやら自分も大人に・・・(大人すぎてる大人だけど・・・)
時は移ろいゆくものですね~。
そしてお店も・・・。
自分が子供の頃から行っていたお店がしまっちゃうんなんて、
自分の一部が失われるように寂しい思いしますよね。
変っていくって、物悲しい。
でも自分は変っていきたいけど・・・

aacoさんへ

そうなのよ、そうなのよ。

お店そのものに執着があるというより、
子供との思い出に執着があるのですよ。

思い出の場所が消えてしまうのが、たまらなく
寂しいのですよ。

思い出の場所は変わらずに、あってほしい。

自分は、変わっていきたいのにね。
(しかも、良い方に、良い方に…)

No title

ぬぉぉぉぉ・・・せつない・・・
その幕引きに立ち会えて幸せですねぇ。

そんな思い出あるお店なら
残ってほしいのが本音ですが
黙って見送ってあげるのも
大事なことですよね。

80歳のマスター。
おつかれさまでした。


あ・・・バウさん、ちーっす。

時は流れる・・ですネ

「摩耶」って店名・・
神戸にも同じ地名があるんですが
ご主人は神戸に関わりのある方かなぁ・・

馴染みの店が閉まってしまうのは
一抹の寂しさがありますねぇ
僕もよく通ってた喫茶店のマスターが
老齢で亡くなった後
奥さん一人では続けられないと
店をたたんでしまった時
言い知れぬ寂しさを感じました

これも時の流れですね・・

三十路さんへ

ホントにね。
80歳まで、よく頑張ったよね。
マスター、たいしたもんだ。

たしかに、最近、疲れてるなぁ…って
感じだったから、「やめないでください」
とは言えなかったよ。

最後に、昔ながらのイタスパ食べて、
コーヒー飲んで、涙ながらにお金払って
帰りました。

まっとし君へ

神戸と関わりあるかも…と思えるくらい、
紳士的な雰囲気のある方でしたよ。
マスターは。

自分で作って、自分でサービスして。
もちろん、バイトの方はおられたけれど、
それでも80歳まで、よく動いておられました。

お店閉めたら、気が抜けるんじゃないかと
心配でねぇ。。。

馴染みのお店がなくなるって、寂しいね。

最後のご注文

なんだか切ないセリフですね。
しんみりとしてしまいます。
写真のケーキセットがステキです。
でも、もう終わってしまう。思い出の場所がなくなるのは本当に切ないです。でも忘れずにいたいものですね。

No title

私の街にも最近までありましたよ。
2,3ヶ月に一回くらいでしたが、そこで「ホット・ケーキ」食べながら「ココア」飲んでました。
なぜか最近のカフェと違って妙に落ち着けたな~

いずきちさんへ

思い出の場所がなくなる、変わってしまうって
ホントに切ないです。

私が子供の頃、父と散歩した山道が、今は
すっかり舗装されて綺麗な公園になってるん
ですけど、それも寂しいなぁ…。

自分の記憶が、だんだん薄れていくのも
また寂しい…。

秋だからかなぁ。。。

りょうさんへ

ホットケーキとココア。
りょうさんが、美味しそうに食べる姿が浮かんできます。

意外と似合いますよね。
ホットケーキとココア…( ̄- ̄)

ってか、見た目とのギャップが、また…ね…v-290

カフェもいいんですけどね。
どこか気取ってしまうんです、自分が。

「摩耶」もホットケーキも、美味しかったですよ。


No title

始めまして。

昔ながらの喫茶店、大好きですよ。
それにこのお店、食器がゴージャス。
そして、イタスパがあれば言うことなし。

こういうお店が少なくなってきているのは
残念なことですね。

「最後のご注文は?」って、粋なマスターですね。

keizさんへ

こんにちはv-290

昔ながらの喫茶店のもつ独特の雰囲気って、
その店が培ってきた歴史とか、いろんな人の
息遣いによって、創られてきたものだと思う
んです。

マスターが閉店すると決めると同時に、お店の
息遣いも消えてしまった…そんな感じがしました。

「最後のご注文」って、粋でしょ。
ホントに素敵なマスターでした。
Secret

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。