スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の見た夢

2012 紅葉神社

母のお伴で、紅葉稲荷神社にお参りしてきました。

もう3年も前のことになりますか…。
母が肺炎のため、6日間、生死の境をさまよったこと
があります。

昏睡状態だった6日間、母はずっと、夢をみていたの
だそうです。

夢なんて、いつもならすぐに忘れてしまうのに、この
6日間に見た夢は、その色までも、未だに鮮明に覚え
ているそうです。

その夢の中に出てきたのが、この神社。
母が、30年前からお参りしている神社です。

母は、夢の中で、この神社の長く続く石段を登り、
そして、ようやく境内にたどり着いたかと思うと、
目の前の社の扉がバ~~ンと開いて、目もくらむ
ような金色の光の中から、それはそれは美しい衣
をまとった女神さまがあらわれたのだそうです。

母は、その夢を、何度も何度も見たのだそうです。

そして、母がその夢を見ていた頃、私は家の仏壇に
手を合わせていました。

私の母は、父の顔を知りません。
母がまだお腹の中にいる頃、母の父は亡くなりました。

だから私は、仏壇に手を合わせながらお願いしました。

「じいちゃん、もし、お母さんがあの世に行く時は、
 じいちゃんが連れにきてあげてね。
 でも、お母さんは、じいちゃんの顔を知らんから、
 婆ちゃんも、一緒についてきてあげてね。
 爺ちゃんと婆ちゃんが、一緒に迎えにきてくれたら
 お母さん、喜ぶと思うよ」

ぼろぼろと泣きながらお願いをしていると、突然、
私のまわりが、ふっと、あたたかくなりました。

あたたかな、まあるい、まあるいオーラのようなもの
が私を包み、今まで感じたことのない安堵感に、私の
目から涙がすっと引いていきました。

爺ちゃんと婆ちゃんが、「わかったから、心配しなくて
いいよ」と言ってくれたのな。

それとも、「まだ迎えに行かないから、心配しなくて
いいよ」と言ってくれたのかな。

そう思いながら、また、病院に向かいました。

一時は「もうダメです」と言われた母ですが、その後
回復に向かい、3週間後に退院することができました。

神様が見守って下さったんやろか。
両親が、見守ってくれたんやろか。

そんな話しをしながら、もうじき80歳になる母は、
よろよろと、この石段を上ってお参りに行くのです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

親には長生きしてもらいたいですね

6日間の昏睡状態を見守る家族はとても辛かったことと思います。回復して本当に良かったですね。
私は父を亡くしてから、家族を守るために必死で仕事をしておりますが、やっぱり辛い時なんかもありまして、そんな時は仏壇の前で父に文句を言います。生きている家族には心配をかけられませんから、天国にいるであろう父に八つ当たりしているわけです。でも65歳という若さで私に全てをまかせて亡くなってしまったのですからそのくらいは許してよね!と、仏壇の前で手を合わせるのです。
親には長生きしてもらいたいし、生きているうちにしてあげたいことをしてあげられるように、頑張りたいものです。
バウさんのお母さんは80歳ですか。まだまだ元気で長生きできますようにと、願ってます(*^^)v

No title

何かね不思議な力っていうのはあるものかも知れませんね。
あたしも体験したことがあります。

お元気で何より…(^-^)

不思議な力とゆーものはどうやらあるようです(^.^)

うちの祖母がお祓いさんだったからかわかりませんが
ときどきあります(^-^)

冷たさは悪しきもの
暖かさは善きもの

闇は恐ろしきもの
金色は救うもの

どうやらそのようにうち自身感じています。
夢にでるコトもあります。
意識のある時にでるコトもあります。
うちは金色の雨が降り注ぐか、光が包んでくれます。
いずれも心地よい暖かさです。

欲のない無垢な気持ちで祈る時によくおこりますょ(*´∇`*)
買い物をする時、これは大丈夫か悩んだらどちらが暖かく感じるか、心の感覚で選ぶコトもあります~♪(笑)

No title

バウワウさん、どんなにお辛かったことでしょう。
きっとバウワウさんのお祈りが届いたのですね。
そしてきっといろんな目に見えない存在が守ってくださったのですね。

私の母は今年79ですが、口が達者なものでついつい、
電話でもケンカめいたことになることもあり・・・。
いかんなあ。。。
来月久々に里帰りするのですが、母の話をじっくり聞く時間をもちたいと思いました。

お母さま、お元気で長生きしていただきたいですね。

No title

不思議な体験て結構ありますよね。
大槻教授に言わせれば非科学的云々なのでしょうけど、
自分はけっこう信じています。
お母上のお話自分に置き換えると凄く良く解ります。
何はともあれお元気になられたようで何よりです。^^

No title

こんにちは♪

5年前の3月に亡くなった母は病弱だったこともあり
最後の入院になった時も医師から宣告されていたので
覚悟はしていましたが、やはり親との別れは辛いものでした。

そして今年の1月、4月には86歳の誕生日を迎えるはずだった父の
突然の旅立ちには何も考えることができないほどショックでした。
長寿を全うしたという方もいるかと思いますが、家族としては
まだまだ長生きしてほしかったという思いでいっぱいです。
米寿には孫、ひ孫も一緒に旅行に行くことを楽しみにしていた
父でした。本人もこんなに突然母の許に行くとは思っていなかった
ことでしょう。

昨年の4月の父の誕生日に弟と私と親子水入らずで
温泉に行ったのが最後の家族旅行となってしまいました。
桜が満開で美しかったことが昨日のことのように思い出されます。

バウワウさんも、お母様との時間、大切になさってくださいね。

皆様へ

皆様からのコメントの一つ一つに、皆様の思いを感じ、
安易に返事ができませんでした。

でも、皆様のお気持ちは、しっかりと受け止めさせて
いただいています。

両親と顔を合わせると、未だに甘えが出て、ついつい
反発したりしてしまう私ですが、あと1年なのか、数年
なのか…一緒にいられる間に、できることをしないと
私自身がとてつもない後悔をしてしまうと、しみじみ
感じました。

心のこもったメッセージ、ありがとうございます。

No title

おじいさま、おばあさまが来てくださったんですね、きっと^^

お母さまがいつまでもご壮健でありますように☆

でもお母さま80近いなんて、50才くらいの時にバウさんをお産みになられたのですか?^^



No title

久々に、いい話を聞いた気がします。
今、心にとても迷いがあったのですが、バウさんのこのお話を聞いて、自分の心から無の気持ちで願えば通じると確信しましたよ。
また、とてもいい文章ですね。読むと心がほのぼのしました。
ありがとう。

No title

先祖供養 最近特にご先祖様に感謝しなくては
と思うようになりました
手を合わせに行くと
なぜだろ? 今まで停滞していた事もスムーズに事が運ぶ経験があります
先祖さまが見てくれて導いてくれてるのか? 自分の心が落ち着くのか? 
分骨して大阪にも父は眠ってるから行きますが お墓は九州なのでなかなか行けず・・・でもこの前知り合いに『行く気になったら 新幹線で行け!』と言われ 『そうか~行きたいな』と思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きっとあるんでしょうね

こんばんは

いつの頃だったか
僕の亡くなった父が
生死の境を彷徨って時に
川の向こうで既に亡くなってた自分の母親が現れ
帰れ帰れと手で「シッ、シッ」をして
「お前がまだ来る所じゃない!」と叱られたので
仕方なく元着た道をトボトボと引き返したら
目が覚めたと言ってたのを記憶しています

だからやっぱあるんじゃないですか?
僕も身内の死に際には不思議な事を体験する
なんだろう・・
4年ちょっと前に母を亡くした時も
ICUの病室で次第に自動血圧計の上の波形と
下の波形の距離が狭くなっていってる時に
それを見ながらもどうする事もできず
ただ手を握って耳元で呼び戻そうと必死で声を出したけど
血圧計の波の距離は拡がらず
悟った僕は「今なら聞こえるやろ?『今まで育てて貰ってありがとう!』」と言い終えた途端
カウンターが「ピー」となって「0」の数字が現れた
単なるタイミングだと思うけど
母は僕の言葉を聞いて自分は間違ってなかったんだなと
安堵して旅立って行ったのかも知れませんね

No title

世の中には、いろんなことがあるのだと思います。

科学的に証明できないとはいえ、科学は人間の
脳力が生み出すもの。

科学で証明できないのは、人間の脳力がまだまだ
不足しているからなのかも…。

なんてことはどうでもよくて、科学とかナンとかに関係なく、
自分を見守り、支えてくれる何かを信じられるということは、
有難いことなのだと思います。

ご加護

それは数十年も前のことになります。
20才の学生だった私は大型バイクに跨り
自動車と正面衝突しました。

私の体が宙に舞った瞬間・・・
私の周りにオーラを放った6~7人の顔が見え、
私を取り囲むようにして守っていただいたかの
ように感じました。

道路上で意識が戻り、「生きている」と自覚。。
体が宙に浮いた瞬間に現れたあの人達はだれ?
「まだこの世での修行は終わっていないのだぞ」
と生かされたのだと思いましたねー。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【母の見た夢】

母のお伴で、紅葉稲荷神社にお参りしてきました。もう3年も前のことになりますか…。母が肺炎のため、6
プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。