スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Smile

2012 311 スマイル

東日本大震災から1年の今日。
震災復興応援サークル「Smile」によるチャリティー
ライプが行われました。

自分たちが大好きな音楽を通して、被災された方々
を応援したいと、下関の観光スポット「火の山公園」
の展望台で第1回目のチャリティーライブを行った
のが、昨年4月のこと。

以来、毎月第3日曜日11時~17時、有志によるチャリ
ティーライブを行ってきました。

ライブハウスではないから、入場は無料。
立ち止まって聴く人もいれば、通り過ぎる人もいる。
募金してくれる人もいれば、そうでない人もいる。

でも、彼らはそんなことはお構いなしに、楽しそうに
一生懸命に演奏し、歌う。

そうやって、この1年、チャリティーライブを続け、
約18万円の募金を赤十字に寄託してきました。

もしかしたら、ライブハウスで一律千円の入場料を
もらって、それを募金にまわした方が大きな金額に
なるのかもしれません。

でも、彼らの目的は、一時的に募金を集めることで
はなくて、チャリティーライブを続けることによって
被災された方々に寄り添うことなのだと思うのです。

そうそう。
今日は、幸せを呼ぶ縁起物といわれる万両の種を、
ライブを見に来てくれた人みんなにプレゼントして
くれました。

そして午後2時46分、演奏の手を止め、1分間の
黙とう。
彼らと一緒に黙とうができて、本当によかった。

彼らは、きっと、これからもライフワークとして、
このチャリティーライブを続けていくのでしょう。

私もまた、参加させてもらおうと思います。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

震災から1年…

2012 阿部さん

1月のこと。
石巻のアベさんから届いた一枚のハガキ。

「KHB東日本放送のANNスーパーJチャンネルで
震災後の生活の様子が放映されるから、時間が
あったら見てください。」

残念ながら、番組を見ることはできませんでしたが、
お2人の笑顔が嬉しい反面、とても心に詰まるもの
がありました。

石巻市では、市内134カ所の仮設住宅で約1万7千
人の方が暮らしているそうです。

仮設住宅には、支援物資の生活必需品や、暖房など
が市から無料で配られていますが、市の中心部から
離れた地域では、行政からの支援が行き届かないと
ころもあるそうです。

アベさんは、支援団体からの情報を得て、私たちが
微力ながら、食力支援をさせていただいたご一家。

「誰とも知らない私たちのために、物資や励ましの
言葉をいっぱいいただきました。この写真はボラン
ティアの方に撮ってもらったものです。」

半そでだから、この写真を撮られたのは、夏の頃
でしょうか。

あれから季節が巡って、また春がやってきます。

「テレビで私たちの様子を見てもらって、安心して
もらえるように」

アベさん。
生活を支えていくだけでも大変だと思うのに、見ず
知らずの私たちのために、元気な姿を知らせて下
さって、本当にありがとうございます。

震災から1年。
仮設での生活は、いつまで続くのでしょうね。

行政から満足な支援が得られず、被災者自らが、
支援団体を通じて集めた物資を避難者に配って
いる地域もまだまだたくさんありますね。

アベさん。
安心してください、というアベさんの言葉は嬉しい
ですが、くれぐれも無理はしないでくださいね。

アベさん。
みんなが、本当に安心できる日は、いつになるの
でしょうね。

それから、私たちの「被災者に食料支援をする100
円募金」に協力してくださっている皆様、本当に
ありがとうございます。

小さな、小さな活動ですが、もう少し、続けていき
たいと思います。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

咲ちゃん

2012 咲ちゃんです

今朝、8時53分に孫の咲ちゃんが生まれました。

予定日の前日の昨日の夜、娘と、娘のダンナのトキ
ボンと私たちの4人で居酒屋に行き、
「夜中の3時くらいに陣痛がきて、10時くらいまでに
生まれたらいいねぇ」
なんて話していたら…。

朝方の5時50分頃、寝ていた私たちのもとに娘が
やってきて言いました。
「お腹が痛いような気がする…。でも、下痢なのか、
陣痛なのか、よくわからん」

病院に連絡すると、「とりあえず来てください」
というわけで、顔も洗わず、そのへんにあるものを
ひっかけて、娘と2人病院へ。

下痢じゃなくて、陣痛でした。

出産までにはまだまだ時間がかかるだろうという
ことで、病室で横になって待つことに。
すると、少しずつ痛みが増してきたようで

「お母さん、腰が痛いからもんで」
「おさまったから、腰に手をおいて」
「もんで」
「手をおいて」
「もんで」
「手をおいて」
「もんで」
「手をおいて」

この間隔がだんだん短くなって、8時頃には分娩室
に移動することに。

8時すぎにやってきたトキボンは、ビデオを片手に
ソワソワ。私も、ちょっとばかりソワソワ。

分娩室の前のドアに耳をはりつけると、娘がウンウン
とうなる声が聞こえます。

周囲がバタバタしはじめて、先生が小走りでやって
きて、そして、ウンウンという娘の声が小さくなって
きたところに、看護婦さんがトキボンを呼びにきま
した。「ご主人ですよね。どうぞ」

トキボンは、「ユウコ、ユウコ」と呼びながら、
いそいそと分娩室に入っていき、しばらくすると、
中から大きな泣き声が…。

おぎゃあ~おぎゃあ~!
おぎゃあ~おぎゃあ~!
そして、「咲ちゃん、咲ちゃん」と呼ぶトキボンの声。

無事、生まれたんだね。

じわ~んと涙が出きて、しばし、じわ~んと流れるまま
にしていました。

しばらくすると、トキボンが出てきて、生まれたて
ホヤホヤ、撮りたてホヤホヤの咲ちゃんの映像を見せて
くれました。

噂には聞いていたが、頭がでかい。
娘が嬉しそうに、というより、誇らしげな…今まで
見せたことのない表情で、咲ちゃんに頬ずりしている。

咲ちゃんは、眉間にシワを寄せ、両手を握りしめて
おぎゃあ~おぎゃあ~と泣いている。

ユウコ、母親になったんだねぇ。
映像を見ながら、またじわ~んと涙が流れます。

しばらくすると、看護婦さんが、本物の咲ちゃんを
連れてきてくれました。
「抱っこしていいですよ。お父さんから順番に…」

あ、そうね。お父さんが一番ね。
じゃあ、私は二番!
おそるおそる抱っこしていたトキボンから咲ちゃんを
受け取り、初めてこの手に抱く孫。

咲ちゃんは、しきりと口をもごもご動かしている。
何かが口にあたると、本能的に吸いたがるらしい。
だから、誰も教えないのに、おっぱいもすぐに飲め
るんだね。

咲ちゃんの人生が、今日、始まりました。


※咲ちゃんは咲太郎。男の子です☆

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

牡蠣、牡蠣、牡蠣

2012 酢ガキです

先日、友人と牡蠣を食べに行きました。

10年前、1年間ほど一緒の職場で働いた15歳
年下の後輩。

たま~に、思いだしたようにご飯を食べに行くの
ですが、今回は過去最長の2年ぶり。

なのに、久々に会ったような気がしない。
お互い、言いたいことを言い合える。
こういうのを、馬が合うっていうのかな。

この日は、生牡蠣、酢牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣スパ、
牡蠣グラタン、牡蠣鍋と、とにかく牡蠣づくし。

大きくて、ぷりっぷりして、クリーミーな牡蠣を
イヤというほど食べながら、その昔、新婚旅行で
フランスに行った時のことを思い出しました。

パリのレストランで、「おススメは何ですか」と
たずねたら、「○▽×※」と言われたので、
「じゃあ、それを」とお願いしたら、2段になった
大きな銀のトレーに、生牡蠣が山のように盛られ
て出てきました。

「わぁ~嬉しい~」と思ったのも束の間。
食べ進むうちに、食べども、食べども、いっこうに
減る気配のない牡蠣の山に、だんだんウンザリ。

焼くでなし、ポン酢につけるでもなし。
レモンはついていたけれど、パンとバターはあった
けれど、だからといって、生牡蠣の味が変わるわけ
じゃなし。

次第に会話が減り、新婚旅行なのに、すでに老生
した夫婦のような空気を漂わせながら、ひたすら
牡蠣をすする私たち。

減退する食欲と比例するように、片隅に積まれて
いく牡蠣の殻に、わずかに達成感を感じつつ、
ひたすら生牡蠣をすすり続けた…あの日。

食べるのをやめればよかったじゃないか、残せば
よかったじゃないか…ということに、2人とも思い
至らなかったのは、2人とも
「食べ物を残してはいけません」
と言われて育ったからなのでしょう。

三つ子の魂、パリまでも…。( ̄. ̄)

牡蠣のコースをひととおり食べ終えて、友人が
「まだ何か頼みますか」と言うのに大きく手を振って

もういいよ~。
これ以上頼んだら、パリの二の舞になってしまうよ~。

この日は、最後まで美味しくいただきました。♪


2012 カキ鍋です

2012 生カキです

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

雪だるま

2012 雪ダルマ ブログ用


昨日、こちらでは珍しく、雪が降りました。

こちらでは、雪はちらつくことはあるものの、積もる
ことは滅多にありません。

ですから、雪景色は「憧れ」に近いものがあります。

雪に苦労されている方々からみると、「なんとまぁ
お気楽な…」となるのでしょうが、雪が降ると、
それだけで心がザワザワとして、ジッとしていられ
なくなるのです。

というワケで、庭の雪をかき集めて、雪だるま。

炭の代わりに、手近にあったニンジンの皮で目と口
を作りました。

もうじき出産のため、里帰りにしている娘が、
「野菜の高い時期に、ムダ遣いしたらダメ」と言う
ので、うっすらと皮むきをしたせいか、何とも情け
ない表情に…。

雪が降り続いていたので、傘をかぶせてあげたら、
首をかしげて、ますます情けない表情に…。

お~い。頑張って持ち堪えてくれよ~。

という願いも空しく、夕方には、傘だけがポツンと
庭のはしっこに転がっていたのでありました。

年に一度、作れるかどうかの雪だるま。
次回は…来年の今頃かなぁ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村
DVC00211.jpg
おひとつ、いかが…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

バウワウ(因幡智子)

Author:バウワウ(因幡智子)
ある時は会社員、ある時はバンドのヴォーカル、ある時はボランティアのスタッフ、そしてある時はキャリア・イノベーション協会のアンバサダー☆
ポリシーは「人生を諦めない」(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。